不動産売却4つのポイント

  • HOME    >    
  • 不動産売却4つのポイント

不動産売却を成功させるために必要なことpoint

過去に不動産を売却したことがある方はごく少数で、多くの方にとっては初めての経験となるでしょう。大きなお金が動く不動産売却は、誰でも不安を覚えるものです。こちらでは、久留米市の不動産会社「三和不動産」が不動産売却で成功するためのポイントや不動産会社の選び方をご紹介します。不動産の売却をお考えの方は、ぜひご参考にしてください。

ポイント1:不動産売却の考え方

pointポイント1:不動産売却の考え方

不動産を売却する際に、まず知っておくべきなのが「不動産売却の基本」です。例えば、どんな商品でも売買の際には「相場」を把握しておくべきですが、売るものが不動産であっても同じです。相場を知らなければ、設定した売値の妥当性を判断することができません。

また、不動産の価格は立地条件や周辺の環境によって大きく異なります。新生活がはじまるタイミングなど季節によっても相場は動くため、不動産売却はさまざまな条件を考慮したうえで行う必要があるのです。まずは地域の相場を基準にしながら、多角的に価格の設定を考えましょう。

pointポイント2:不動産会社の選び方

不動産売却の成功と失敗を左右するのが、パートナーとなる不動産会社です。どんな不動産会社を選ぶかによって、売却の結果が大きく変わることもあります。とにかく信頼できる不動産会社を選ぶことが重要です。

  • 査定額の根拠を説明できる

    査定額の根拠を説明できる

    不動産会社が査定する際に、よく使用するデータベースは、「REINS」という共通のシステムです。にもかかわらず、複数の不動産会社に査定を依頼すると金額に差が出てしまいます。この差こそが、会社ごとに査定で重視する項目の違いです。まずは査定してもらった際に担当者に査定額の根拠を詳しく聞いてみましょう。納得できる根拠を説明をしてもらえるなら安心です。

  • 地域に密着している

    地域に密着している

    不動産は、地域の特性によっても売却の方法や価格が変わります。適正価格での売却をスムーズに行うためには、地域密着型の不動産会社を選ぶことをおすすめします。まずは不動産会社のホームページを確認し、対応エリアや得意としている売却方法などを調べてみましょう。

pointポイント3:売却・購入時にかかる費用・税金

不動産売却では、契約が成立して不動産が売れた場合に、不動産会社に「成功報酬」として仲介手数料を支払います。その他にも、不動産売却では税金を含めてさまざまな費用がかかるため、事前にどんな費用が必要なのかを確認しておきましょう。

不動産売却にかかる費用の内訳や目安
仲介手数料

不動産会社に販売活動を行ってもらった場合、成約後に支払う成功報酬です。

【計算式】
(売買価格×3%+6万円)+ 消費税
※売買価格400万円以上の場合

登記費用
(司法書士報酬)

表示登記 ※建物が未登記の場合
所有権保存登記 ※建物が未登記の場合
住所変更登記 ※登記簿上の住所と現住所が異なる場合
(根)抵当権抹消登記 ※(根)抵当権設定がされている場合
相続登記 ※相続した事が登記されていない場合
地積更正登記 ※実測売買など、必要な場合

境界明示費用 売買対象となる土地と隣接する土地や道路との境界を明示する為に、土地家屋調査士の立会いの元、官民境界立会及び民民境界立会をして、各境界に境界標を設置し、境界確定図の図面の作成・交付を受ける費用です。 証明書発行費

印鑑登録証明書 ※各登記を司法書士に委任する際に必要となります。

本人確認書類  ※権利証(登記識別情報通知)を紛失している場合

ローン返済費 繰上げ返済事務手数料 ※ローン残債が残っている場合
ローン違約金 ※固定金利によるローン残債が残っている場合
引っ越し費・処分費 まだ住んでいる状態の不動産を売却する場合、引っ越し費用が必要です。使用している家具や家電製品を廃棄する際は、処分費もかかります。
税金
印紙税 ※売買契約書に貼付する印紙や売買代金に対する領収証に貼付する印紙に係る税金 登録免許税

各種登記にかかる税金

譲渡所得税 売却により利益が出た場合には、所得税・住民税・復興特別所得税がかかります。 消費税

土地は非課税なので消費税はかかりませんが、建物には消費税がかかる場合があります。

ポイント4:査定評価のポイント

pointポイント4:査定評価のポイント

不動産の条件によって査定額は大きく変化します。例えば、隣同士の土地であっても間口の広さや奥行きの長さ、土地の形等により評価は大きく変わります。

不動産の状況・状態 評価
土地の広さ 狭小地よりも広大地の方が評価が高くなります。
接道の本数 一本より二本、二本より三本の道路に面している土地の方が評価が高くなります。
土地の形 不整形よりも整形地の方が評価は高くなります。
土地の間口や奥行 間口と奥行のバランスまた利用用途等により評価が変わります。





pointメッセージ~久留米市のオーナー様へ~

三和不動産のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。当社は、オーナー様にとって信頼できるパートナーとして大切な不動産の売却に関する不安を解消し、ご納得いただける売却ができるよう全力でサポートしています。

当社が特に大切にしているのは、オーナー様のご要望を第一に考え、ニーズに合わせたご提案をすることです。そのため、久留米市を中心としたエリアに特化し、地域に密着して40年以上の経験を積んでまいりました。久留米市エリアに所有されている土地・住宅・事業用物件などの不動産価値を正しく査定し、ご希望に合わせた価格で売却できるようさまざまなご提案をいたします。

条件によってはなかなか売却できない物件もありますが、当社は不動産の買取にも対応しています。「とにかく早く売却したい」といったご要望も含めて、まずはお気軽にご相談ください。

pointお問い合わせから不動産売却までの流れ

Step01不動産売却のお問い合わせ
不動産売却に関することでしたら、三和不動産へお気軽にご相談ください。売却についてオーナー様のご要望をお聞きし、徹底的にサポートいたします。
Step02不動産の査定依頼
査定を受けることで、その不動産の大まかな価格がわかります。査定結果によって、売却すべきかどうかを判断しましょう。
Step03不動産の査定
家屋・事業用店舗物件や周辺の土地の状況、法令関係などさまざまな要素を確認し、査定価格の見積もりをお出しします。
Step04媒介契約
査定内容や今後の売却活動の説明をいたします。内容に納得していただけましたら、不動産売却の媒介契約締結となります。
Step05売却活動
オーナー様のご要望に合わせて、インターネットやポスティングチラシなどを活用した販売活動を開始し、購入希望者を探します。購入希望者が現れた場合は、内覧の対応などでご協力いただくこともあります。
Step06売買契約
価格や引き渡し時期などに関して購入希望者との交渉を行い、売却条件がまとまったら売買契約を結びます。
Step07引き渡し
売買契約が締結されたら、不動産を引き渡す準備をはじめます。物件に住宅ローンの抵当権がついている場合は、まず抵当権抹消手続きが必要になるので注意しましょう。